2006年9月 6日 (水)

川淵会長・ロイター通信のインタビュー第二弾全和訳(9月5日)

<川淵会長の発言の要約>

「中田はすでに、他の選手たちと満足にコミニュケーションをとることができなくなっていた」
「中田は、チームメイトを説得するためにとるべき正しい態度も方法も全く知らなかった。」
「物怖じ(ものおじ)しない性格の中田に対して、他の日本選手たちが大人しすぎたこと、自己主張もしなかったことがチームの崩壊と敗退の原因」

<インタビュー全文>

JFA会長「日本選手たちは中田を無視していた」
by Alastair Himmer (アラスター・ヒンメル記者)
http://sports.yahoo.com/sow/news?slug=reu-japan_interview&prov=reuters&type=lgns

(東京 9月5日 ロイター)
日本サッカー会長の川淵氏によると、日本の中心選手である中田英寿がW杯後に引退したのは、チームメイトとのコミニュケーションが破綻していたことが大きな原因だったという。W杯一次リーグ敗退後、中田はプロサッカーから劇的に引退をしたが、彼と他の選手との関係は以前からギクシャクしていた。

「中田はすでに、他の選手たちと満足にコミニュケーションをとることができなくなっていた」

と川淵三郎JFA会長は最近のロイターとのインタビューで述べた。

「中田はW杯で自らの持てるもの全てを捧げようとしていたが、チームメイトには幾分無視され気味だった。他の選手達にどうしたら意図を伝えられるのかわからないと自問自答していた。」

ドルトムントでブラジルに4-1で敗れ、アジア王者日本のW杯敗退が決まった後、中田は芝の上にくずれ落ち、こらえることができずに10分間もさめざめと涙を流した。中田は過去に先輩選手達とも衝突を起こしており、これは彼の無遠慮な性格にも問題があったと川淵は考えている。

「中田は、チームメイトを説得するためにとるべき正しい態度も方法も全く知らなかった。」
と川淵氏。
「そのせいでこんな風に全てが終わってしまったのは本当に情けないことだ。」

”内気な性格”

物怖じ(ものおじ)しない性格の中田に対して、他の日本選手たちが大人しすぎたのがチームの崩壊の原因だと川淵は他の選手の内気さを非難した。

「あの選手たちって何を考えているかよくわからないでしょ。」
と川淵氏。
「キャプテンの宮本すらあまり自分の考えを出さないしね。」
「彼らはチームに尽くしてたけれど、性格上、主張しないところがある。中田の実績も偉大すぎた。」

国際試合80試合の経験のある中田がたった29歳で引退してしまったことは、W杯後にジーコを引き継いだイビチャ・オシム代表監督にとっては打撃だ。しかしながら、二度アジア最優秀選手になった中田無しでオシムがチーム作りに成功するかどうかについては、川淵は達観しているようだ。

「それについては全く心配していませんよ」と川淵氏。
「オシムはチームを全く新しい方向に持っていくことを望んでるし、我々は彼が必要とするあらゆるサポートをするつもりです。」

しかしながら、すすり泣きとともに幕を閉じたW杯についての後悔と不満はまだしばらく後を引いている。

「中田が自分の考えを語る時、周囲によく波紋を起こした」と川淵氏。
「でもそれに対して他の選手たちは発言しなさすぎたね。こういうのが一番の問題だったんだよ。これが何もかもダメにしてしまった理由だ」


<このインタビューに関しての筆者の感想>

川淵氏は、今週発売の週刊サッカーマガジンでも、

「自由を与えたジーコのやり方は間違っていないと今も確信している」
「選手間に不和が起こったのが、最後の最後でいいところなく敗退した原因」

という旨の発言をしています。川淵氏の主張としては、「ジーコのやり方は失敗しておらず、日本人選手の内気な性格と中田がそりがあわなかったせいで不幸にもチーム状況が悪くなったから負けた」と、外部要因を理由にしたいようです。

しかしそうでしょうか。チーム内のこの問題について、ジーコはどのようにコミットしていたのか考えてみましょう。

セレソン経験者のジーコは、チームを大きな家族と考える傾向があったようです。マスコミの報道によると、ジーコは「ファミリー」内の不和や衝突を嫌ったといいます。選手間の序列を重視し、所属チームでベンチ入りしないことも多かった中田をチームの中核に据えました。また、同じく試合に出場していない柳沢(鹿島出身)を重用しましたが、これも大きな意味での家族意識(身内意識)に基づいた序列の現われともいえます。この、いわゆる「海外組」を優先する起用法は、メンバーを固定して連携を徹底するという点ではプラスの効果も期待されましたが、チーム内に「どうせ海外組が帰ってきたら俺達は出られない」と一部の国内組やサブ組を中心に白けたムードを産む原因になったとされています。
オーストラリア戦で坪井の足が痙攣して茂庭がスクランブル的に出場したときも、茂庭は場違いともいえるプレーを連発し、明らかに心理的な準備不足を露呈していました。一部の交代選手の間に、「自分も出てチームに貢献してやる」、「監督は出してくれるかもしれない」、という積極的な気持ちが殆どなかったであろうことを思わせる一幕でした。

こう考えると、「白けたムード」や「チーム内で孤立しがちな中田」、という構図を作った大きな原因は、他ならぬジーコのやり方だったと推測されます。

川淵氏がこのことには言及せず、敗因をただ中田とチームメイトの性格的要因に求めようとしているのは何故でしょう。そもそも何故この時期にこのような発言をするのでしょう。この理由は、おそらく、独断的にジーコ監督を選び、放任していた川淵氏自身に非難が起こるのを恐れるためではないでしょうか。
協会会長の仕事は代表の評論家ではありません。一国の協会会長がこのような時期に特定の選手に対してこのような批判的発言をするのには違和感を禁じ得ません。しかもそれが意識的にしろ無意識的にしろ保身を狙っての発言だとしたら問題です。敗退の理由を色々と挙げることによって、自分が負うべき責任を希薄化したいという思いも透けて見えます。

川淵会長、「オシムが必要なことは何でも与える」というのなら、殺人的な日程をやめて、日程の余裕を与えてあげてください。また、10月4日の代表戦もキリンとの契約で決まってるという理由で無理に試合をせず、トレーニングに充てる時間にしてください。

世代交代を怠ってきたジーコ時代のつけと、今年のみ1年早い2007年開催になったアジアカップのせいで、少ない時間で世代交代と戦術転換ということを同時にやろうとしている現代表には、時間が必要なことはサッカーを見てる人なら異論の無いところでしょう。

» 続きを読む

| | コメント (431) | トラックバック (205)

2006年8月26日 (土)

私が川淵会長が辞任するべきと思う6つの理由(再)

”失敗の責任も反省もない川淵体制にこのまま日本のサッカーを任せることはできない”...

» 続きを読む

| | コメント (561) | トラックバック (314)

2006年8月22日 (火)

【速報】山内雄司サッカーダイジェスト編集長辞任.JFAの圧力か?

山内編集長自らの「メディアに課せられた責任として健全な批判を行いたい」「これは私の責任において、私の意見として言う」(vol.7号・7月15日) という決意表明から、この一ヶ月間、川淵・JFA体制の批判と分析を展開していたサッカーダイジェストでしたが、今日発売の同誌上で

山内編集長をはじめとして、複数の編集者の方が同誌を去ることが発表されています。

同誌を去る日野氏、山内編集長の二人の最後のコラムはそれぞれ協会批判のこととデモのことに触れ、デモを始終見届けたという山内編集長は「サッカーは誰のものでもなく、サッカーを愛する全ての人のもの」、「デモはサッカーを自分達の手に取り返すためのサポーターの行動の一つ」という評価を与えています。少し長いですが抜粋して引用させていただきます。全文はダイジェスト誌をご覧ください。

編集長・山内雄司の『蹴球7日』(抜粋)

”…いまやサッカーが大きな利益や利権を生み出すビッグビジネスであるのは紛れもない事実だけれど、それでもサッカーは誰のものでもない、それを愛するすべての人々のものだという、当たり前ながら失われがちなことを、青臭くても書き綴っていきたい。それが私のスタンスだった。
8月9日に行われた川淵会長の解任を求めるデモの始終を見届けた。その是非の議論もあるようだが、デモに参加したサポーターやファンの、サッカーは「誰か」のものではない、との意思表示に大きな意義を感じた。愛するサッカーと、サッカーのある生活を守ろうとする多くの人々の想いに対して、今後も報じる側としてほんのわずかでも響き合い、応えていけたらと思っている。
皆さんへ。今号をもって私はダイジェストを離れますが、サッカーライフは永遠に続きます。スタジアムで、街角で、サッカー談義に花を咲かせましょう。”

編集部持ち回り・日野淳太朗(抜粋)

「日本サッカーをもっと良くするためにメディアも健全な批判精神を養おう」
”…良いものは良い、悪いものは悪いということ。
そのための判断基準を提供するのがメディアの役割だし、特に専門誌にかかる期待は大きい。今まで以上にダイジェストの批判力が必要になると思う。私事を許してもらえれば、この号をもって編集部を離れる。だから、ダイジェストの一員として、変革の時に立ち会えないけれど、ダイジェストならきっと健全な批判精神をもって日本サッカーに新風を巻き起こしてくれると信じている。”

この時期の人事異動は出版会では通例なのかどうか判りませんが(出版会に詳しい方どうか教えてください)、もし普通の会社と同じとしたら秋の人事異動(10月)より早く、大量の人事異動は不自然です。大量の人員交代、また、同時に誌面でエディターを急募していることから、果たしてこの人事異動が予定通りの交代人事なのか疑問が残ります。

もし万が一、山内編集長と編集部員の方達の辞任がサッカー協会や広告代理店をはじめとする、なんらかの有形無形の圧力のために起こったのならば、それは絶対に許しがたいことです。

川淵会長更迭まとめサイトのFAQにもあるとおり、JFAの報道圧力に関しては、批判記事を出した記者の取材パスが降りない、上司の命令で配置転換された、などかねてから多くの実名・匿名の証言があります。有名な例では、「オシムの言葉」の著者の木村元彦さんが取材拒否を受けたことがあることを自身のブログ上で以下のように語っています。

木村元彦の「地球を一蹴」第29回(6/27)「川淵キャプテンに伺いたい」

”何の明確な理由説明も無いままにオシム監督インタビューを取材日前日になって、3度に渡ってキャンセルされたのだ。朝日新聞、角川書店、集英社の各担当編集者が、ごにょごにょとしか言わない広報担当から聞くところによると、それは、今春Number誌に掲載されたオシム記事がジーコ批判に当たるとして、「木村さんの取材はちょっと」ということになったそうである。
監督の言葉を詳細に採録したあの記事の一体どこが、ジーコ批判になるのか? 読解力の無さに呆れるが、例え批判であったとしても、それで取材を妨害するとは、これは度し難い間接的な協会の圧力である。「ほとぼりが冷めるまで」という訳の分からぬ理由で一ヶ月放っておかれた。”

今回の件は色々なところで波紋を呼ぶかもしれません。

追記(8/22 17:00)

サッカーダイジェスト編集部に電話でうかがったところ、電話に出られた男性の方から、「辞任は編集長本人の希望によるもので、山内編集長はW杯終了後から、辞めるという話をしていました。今回、サッカー協会に何か言われたとかそういうことはありません」とのお話を伺いました。それでも何か気持ちの晴れないのは私だけでしょうか。

追記(8/22 20:00)

Soccer Undergroundさんのブログで下記の投稿がありました

”サカダイ山内編集長クビの件、下記へ問い合わせ。
本日編集部休みとの事で詳細不明も、販売部の女性曰く「急な退職」だったらしい。
これが俺の邪推どおりなら正真正銘「言論統制」だよ!!!
株)日本スポーツ企画出版社 販売部
E-mail:mook@nsks.com / Tel:03-3815-3663

Posted by: 独裁川淵 at 2006年08月22日 18:35”

私が編集部(上は販売部なので部署が編集部とは異なります)に電話をかけたときには、なかなかでなかったので、編集部が休みというのは恐らく本当のことと思います。電話に出られた男性は残業等でたまたま編集部にいた方なのでしょう。
そして、誌面刷新のための退職なら数ヶ月前から引継ぎの準備等する筈で、送別会などもしているわけで、「急な退職」という表現にはならないはず。これが本当ならやはり圧力による急な人事異動だったのではないかという疑いが出てきます。

追記(8/23)

サッカーダイジェスト販売部に再び電話でうかがったところ、確かに山内編集長の辞任は「急な話だった」とのことを伺いました。辞任の理由は編集長ご自身のお考えなのでご存知ではないとのことでした。山内編集長に読者としていままでのことのお礼を伝えていただけますようお願いして電話を切りました。
サカダイ誌上でのエディターの募集は今号以前にはなかったので、これまでの話を総合すると、W杯後の誌面更新による予定された交代というよりも急に決まったと判断していいでしょう。

追記(8/26)

Soccer Underground blog にて、山内編集長が初めて協会に対して必要な批判を行っていくことを決意表明をした時のサッカーダイジェストvol.7(7月15日)の記事の画像がアップロードされていましたのでご紹介します。見逃した方はご覧ください。画像1画像2 

以下に抜粋します。

…だが、仮にも協会のトップである。自らが推薦したジーコ監督率いる日本代表の4年間の迷走、集大成であるワールドカップでの戦いぶりを間近に見ながら、「結果責任」とはどういうことなのであろう。ただジーコ監督を信じるだけで、こうした結果を招くことを少しも予想できなかったのであれば、それこそトップとしての資質に欠けていると言わざるを得ない。

…これは私の責任において、私の意見として言う。私は現体制にこのまま日本サッカーの舵取りを託すのは不安であり、恐れを抱いている。

…私なりに「日本サッカーのため」を考え、辞任、退陣を要求するようなネガティブキャンペーンを避けてきたが、「日本サッカーのため」を今一度突き詰めて、専門誌編集長として責務を果たしていきたい。それが私の立場での責任である。

「これは私の責任において、私の意見として言う」は山内編集長がこの決意に進退をかけていたこと、「それが私の立場での責任である」は、「私の責任とはよりよい監督を連れてくること」という川淵会長の言に呼応していたように思えます。

» 続きを読む

| | コメント (475) | トラックバック (1572)

2006年8月21日 (月)

「オシムの言葉」を読まずにオシム監督を語ってはいけない

オシム語録の真意 本書中にはこのようなやりとりがあります。オシム監督の真意が垣間...

» 続きを読む

| | コメント (366) | トラックバック (113)

2006年8月19日 (土)

川淵会長の三枚舌、その他

この発言、時系列通りに並んでるのですが、文章だけ読むととてもそうは思えないです。...

» 続きを読む

| | コメント (651) | トラックバック (259)

2006年8月18日 (金)

【速報】新潟でも川淵ヤメロ横断幕登場

イエメン戦(新潟)でもスタジアムでサポーターによる抗議行動が行われていました。 ...

» 続きを読む

| | コメント (656) | トラックバック (130)

川淵会長・ロイター通信のインタビューの感想

8/17に川淵氏が海外メディア・ロイターのインタビューを受けています。 全文和訳...

» 続きを読む

| | コメント (830) | トラックバック (110)

2006年8月17日 (木)

川淵会長・ロイター通信のインタビュー全和訳(8月17日)

川淵会長・ロイター通信のインタビュー第二弾全和訳(9月5日)はこちら (ロイター...

» 続きを読む

| | コメント (1298) | トラックバック (1983)

羽生さんのこと

79年組ライバルである加地さんとのMVR争奪戦を制し、見事なワンツー抜け出しで僕...

» 続きを読む

| | コメント (1802) | トラックバック (68)

2006年8月16日 (水)

加地さん、MVRを目指す

ガンバのオフィシャルサイトより。 ”日本代表に遠藤選手&加地選手が選出!...

» 続きを読む

| | コメント (1804) | トラックバック (118)

«朝日新聞に川淵氏のインタビュー掲載(8月15日朝刊)